自動車重量税、別名重量税とは国産自動車や海外の車等愛車の生産国や四輪駆動車、クーペなど車の形状に全て同じで、たとえばミツビシや等でも一般的に掛かってくるものです。新車登録をする時あるいは車検を受ける場合に納税が必要になるお金です。その支払額はその愛車の大きさで決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く別の概念ですので基礎を学んで混同しないようにしましょう。「自動車重量税とは車重によって」「自動車税は車の総排気量により」税額が変わります。また、買取する際の扱われ方違ってきますので注意しなければなりません。車の買い取りの時には既に支払った車の金額がどれだけ残っていてもその額が戻ってくることはないのですが、一方自動車税であれば、支払い済みの税金を査定額に足してくれる場合がなくはないですが、重量税の場合は上乗せしてくれるというケースは全然ないはずです。重量税というのは手放す際に納付済みの税金が残存しているとはいえ買い取り店でそれが配慮される場合は少ないものなのです。なので次回の支払い、つまるところ車検に出すまで待った上で買い取りをお願いするという手段が無駄は少ないと思います。引き取りの際は還付の対象にならないのが重量税ですがある事例でしたら還付していただける可能性があります。これにあたるのは、車検の効力が残っているクルマを廃車処理する場合です。要するに抹消登録をした際に残っている期間に従って金額が返金されます。ただし、中古車の売却時はそのクルマが廃車されるのとは違って戻ってきません。それから、売却する車の名義の変更をしてしまった場合や盗難被害に遭った時なども還付してもらうことはできません。自動車重量税が残っている期間があるクルマを手放すというのは、つまり車検が残っているクルマということと同じです。それを買取側も配慮しますので、自動車重量税が残っていれば、それなりに売却額があがるはずです。当たり前ですが買取額は店舗によってまちまちなのですが、車検の効力がまだあるということを計算に入れてもらえばクルマの売却額と比較するとあまり払い損と考えることもありません。

Copyright © 2002 www.webweaverds.com All Rights Reserved.